catch-img

Shopify Plus(ショピファイプラス)の独自機能「Wholesale(卸売チャネル)」

今回は、Shopifyのエンタープライズプランである、Shopify Plusに搭載されている機能、「Wholesale(Channel)」について解説していきます。

Wholesale(Channel)は卸売を意味しており、卸売業者などへ商品を販売する為のストア作成が可能です。

主にBtoBでの利用が対象となり、各アカウント(業者)毎に価格を設定したいマーチャントにとって利便性が高い機能となっています。

この機能は、Shopify Plus専用の機能です。

参考:Shopify通常プランとShopify Plus(ショッピファイプラス)の機能の違いを解説

同一ストアで表示する商品や価格をアカウント毎に設定

Wholesaleでは、それぞれに商品価格の設定が可能。

サイト運営者(マーチャント)はWholesaleを利用するアカウント(卸売業者)それぞれに、パスワード付きのログイン画面(ユーザーが設定)を付与します。

ログイン画面で設定したパスワードを利用することで、各卸売業者は卸売ストアで商品購入が可能となります。

卸売ストア内では、マーチャントはアカウント毎に金額を出し分けます。

ストアの設定例

・A社には10%off。B社には30%off

・30個以上商品購入したら10%off

・10%オフだが最小注文数12個~(以降12の倍数のみの注文のみ対応)

Wholesaleで設定できる機能

・ログインユーザー毎の商品・価格設定

・割合・数量ベースでのディスカウント設定

・最小注文数の設定

・最小購入単価の設定

・Wholesale用の配送料金の設定

・ページ追加

・メニュー編集


などがあげられます。

早速、Wholesaleの利用方法を見ていきましょう。

Wholesaleの作成方法

まずはWholesaleをメニュー画面へ追加していきます。

販売チャネルにて+ボタンを押し、「Wholesale」を選択してください。

Wholesaleチャネルがメニューに追加された

これでメニュー画面の「販売チャネル」にWholesaleが追加されました。

次に、ストアの設定を実施していきます。


卸売ストアの各種設定

メニュー部分の「各種設定」を選択すると、以下の画面が表示されます。ここから各種設定を行ってください。

※卸売ストアの詳細を設定

上記ページでは、以下を設定します。

・卸売店の名前
└ストアTOPに表示したい卸売店の名前

・ドメイン
└接続したい、サブドメインのURL

・卸売店のメール
└登録用メールアドレス

・卸売店の言語
└使用したい言語

・最小購入額
└顧客が商品を購入する上で、最低限注文しなければならない販売価格

・小売価格
└卸売価格とは別に、小売価格の表示もあわせて実施するかの有無

・在庫切れの商品
└在庫切れの商品の注文可否

・卸売配送方法
└チェックアウト時の配送料金の設定

・アカウント登録
└卸売のサインアップの可否設定。※サインアップを有効にすれば、顧客は自分でサインアップができるようになるため、管理者からの招待が必要なくなります。

・Botの防止
└Google reCAPTCHAの有無を設定(Bot等からのサイト保護)

価格表の作成

続いてアカウントの卸売価格を設定するために、価格表を作成します。

卸売ストアでは、アカウントに紐付けた価格表の設定に応じた販売商品・商品価格が表示されます。

設定はメニューの「価格表」から行います。

価格表を作成する

卸売ストアの価格表を設定する際の選択肢は、

1.割合によるディスカウント(一律20%オフなど)
└すべての商品か選択したコレクションに適応。

2.量による価格(〇〇数量以上の購入など)
└個別の数量設定と合計の数量設定が可能

3.価格表のインポ-ト(CSV形式でインポート)
└商品それぞれに価格を設定

となります。

価格表は、用途によって使い分ける


1.割合によるディスカウント

商品に一定の掛け率設定(一律20%オフなど)を行いたい場合、割合ディスカウントを選択します。

設定できるディスカウントの対象は、

・すべての商品

・選択したコレクション(選択していない商品は小売価格のまま)

となります。

2.量による価格(〇〇数量以上の購入など)

数量に基づいて、価格を設定する場合に利用されます。

卸売価格、最小注文数、最大注文数、インクリメント(ロット数)の設定ができます。

また、最小注文数を設定する際に、


・各バリエーションの最小注文数を設定する方法

・複数商品合計での最小注文数を設定する方法(AとB商品の注文合計数があわせて50個になるなど)


の2通りが選択できます。

また、詳細設定で、「異なる数量で異なる価格を提供するために数量の分岐を追加する」にチェックを入れると「10点以上購入した場合、1,000円引き」など数量毎のディスカウント設定が行えます。

価格表の詳細設定のページでは、購入数量毎に価格の設定が可能。

※価格表の詳細作成ページ(全体)※

3.価格表のインポート

価格表のインポートは、割引率を商品毎に変更したい場合に利用します。

価格表作成時に、価格表のインポートを選択してください。

価格表のインポートは商品によって細かい設定が可能

価格表は規定に沿ったCSVファイルをインポートする必要があるので、別途作成する必要があります。

CSVファイルには、

・sku、barcode(どちらか必須)

・wholesale price

・minimum_units

・maximum_units

・increments

を記載します。

サンプルのCSVファイル

また、注文数に応じて単価を変更したい場合、最小・最大注文数、バリエーション別の最小個数、ロット数などをCSVファイルに記載することで条件設定ができます。

記載の方法及び、ファイルのサンプルは、以下ページから、確認することが可能です。

https://help.shopify.com/ja/manual/sell-online/wholesale/channel/price-lists-customers/import-prices#sample-csv-files


※顧客タグの紐付けは必須

価格表の詳細設定の最後に、「顧客タグ」設定欄があります。

これはストアユーザー(顧客)と作成した価格表を紐付ける際に必要です。

顧客タグは、ユーザーアカウントのタグと紐づく

上記に設定した顧客タグは、メニュー画面「顧客管理」のタグの部分と一致している必要があります。

※Wholesaleの顧客タグと一致すると、価格表を紐づく

顧客管理

価格表と顧客タグの設定が完了すると、「顧客管理」のページにて、顧客情報が追加されます。

顧客情報が追加されているがステータスが「招待されていません」となっている

顧客タグと価格表の紐付けが完了したら、

アカウントを有効にするために招待メールを送信します。

ストアログインのために招待メールを送付する

上記のメールが送信先のユーザーにも送付され、ユーザーが「アカウントを有効にする」ボタンを押せば登録完了です。


卸売ストアのTOP画面に、パスワード設定画面が表示されます。

パスワードは8文字以上で作成


パスワードを作成すれば、ユーザーはすぐにログインが可能です。

ユーザーはログイン画面でメールアドレスとパスワードが必要となる。


Wholesaleで設定した、商品と卸売価格が表示されました。

※小売価格の有無は別途設定可能


※補足※下書き注文

ユーザー(卸業社)が商品を注文すると、下書き注文がマーチャントに送信されます。

ユーザーは、以下のメールを受信します。

※上記は下書きの注文となっているので、別途請求書を送付する必要があります。


その他の機能

ページ

ページを追加したい場合は、サイドメニューのページ部分から「ページ」を選択します。

マーチャントは、ユーザー(卸売業者)向けのページを作成することができます。


メニュー

メニューの設定画面では、商品の並び替え、表示する商品コレクションの選択などが可能です。

メニューページの追加ができる


外観

ロゴの追加やアクセントカラー、背景画像の設定ができます。

注文管理

卸売ストアで商品を購入したユーザーは、メニュー画面上で注文書の確認ができます。

メニューの注文管理ボタンを押す

今回は、Shopify Plusの専用販売チャネル、Wholesaleの紹介をいたしました。

もちろん、ShopifyPlus プランを利用している方以外でも、卸売業者向けの掛け率で商品を販売したいマーチャントも少なくないでしょう。

Shopifyアプリストアにリリースされているアプリを利用すれば、新たなページ設定は出来ないものの、卸売向けの価格での販売は可能です。

それらアプリも作成した価格表と顧客タグを紐付けて、ディスカウントを行ってくれるので、Shopify Plusはすぐに利用できないけれど、機能を使いたいと考えている方は、試してみる価値があるでしょう。


ECXサイト編集部
ECXサイト編集部

トランスコスモスのECX本部が運営するサービスサイト「ECX」編集部です。コーディング、WEBデザイン、SEM、UI改善などの実務経験豊富なメンバーで執筆・運営・管理をしております。

関連記事

Shopify(ショッピファイ)の使用料金まとめ。決済手数料や月額の利用料金、入金サイクルについて

Shopifyのコストパフォーマンスについて、BaseやStore.jpといった他ASPカートと比較し・調査しました。

【前編】Shopify X Amazon間のデータ連携方法

商品データ連携、注文データ連携、在庫データ連携、配送データ連携をカバーしていきます。本日はまず、Shopifyの商品情報をAmazonにプッシュする方法をカバーします。

Shopify(ショピファイ)の情報収集に役立つサイトやSNSアカウントを紹介

Shopifyに関する貴重なコンテンツを発信しているメディアやSNSアカウントをまとめて一挙に公開します。

Shopify通常プランとShopify Plus(ショッピファイプラス)の機能の違いを解説

100万店舗以上のストア開設実績を誇るECプラットフォームとして注目されているShopify

全24件中 1〜 4件を表示
お気軽に
お問い合わせください

Shopify (ショッピファイ) ECストア構築・運用代行