2021年8月30日
トランスコスモス株式会社

トランスコスモス、ECモールでの売上最大化を可能にする独自診断・分析サービス「MallMAX Scope」の提供を開始

プレスリリース概要

「MallMAX」特設サイトを開設。

トランスコスモス株式会社(本社:東京都豊島区、代表取締役社長兼COO:奥田昌孝)は、Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピング/PayPayモールの国内主要ECモールでの売上拡大支援サービス「MallMAX(商標出願中)」の独自診断・分析サービス「MallMAX Scope」の提供を開始しました。

コロナ禍でECの需要が急速に伸びる中、EC売上拡大を目指す企業は多く、ECモールへ販売チャネルを広げる、またはECモールでの販売強化を目指す企業は増加傾向にあります。一方で、ECモールは参入障壁が低く、消費者の購買検討段階で競合商品と比較されやすく、具体的な対策を立案することが難しいチャネルです。「MallMAX Scope」は、これまでECモール支援で培った売上拡大のノウハウと、ECモール内の流入データおよび購買データの各種データをAI解析した結果からトランスコスモス独自に診断項目を開発し、商品別に課題を可視化できるサービスとして、ECモールへ販路を広げる企業をサポートします。

■トランスコスモスオリジナル売上拡大支援診断・分析サービス「MallMAX Scope」

「MallMAX Scope」は、ECモール売上に影響する因子に対して出品商品の現状ステータスを分析し、売上拡大に向けた対策アクションを可視化するサービスです。競合商品と比較したステータス分析ができるため、出品カテゴリ内での適切な施策戦略立案が可能となり、トランスコスモスのECスペシャリストが80以上の診断・分析項目を用い、これまで自社商品のデータだけでは気づくことができなかった課題の発見や施策の優先度を容易に決定できます。(※1)

<ユースケース例>
・売上拡大への施策の優先順位を可視化できます
・競合商品と比較したウィークポイントがわかります
・売上拡大に直結する対策アクションの把握ができます

▼Amazon分析のアウトプットイメージ
左図 :出品商品の現状ステータス分析                右図 :競合比較によるステータス分析
補足:「A+」はAmazon商品詳細ページの構成要素のひとつである「商品紹介コンテンツ」のことを指します

■「MallMAX Scope」で分析後、売上拡大メソッドを習得した専門チームが対策アクションまで実行可能

トランスコスモス独自メソッドを活用した商品ページ制作や広告運用のサービスを提供。さらに商品点数が多く、商品改廃サイクル頻度が高いお客様企業にはECモールにおける売り場の運用管理サービスで、自社商品をいつでも最適な状態に維持・メンテナンスを行い、ECモールでの販売機会を逃さず、販売実績を上昇させる運用が可能になります。また、Amazon広告運用ではAI基盤活用による先進的なテクノロジーで広告経由売上の最大化を実現できます。(関連リリース(2)参照)

■「MallMAX Scope」キャンペーン
~Amazon商品ページ診断サービスを対象に特別なプランを用意しています~

「MallMAX Scope」は年間50社へのサービス提供を想定しており、特別なプランを用意しています。詳しくは担当営業もしくは問い合わせ窓口にお問い合わせください。なお、「MallMAX」におけるサービスサイトをオープンしており、サービスサイト内からもお問い合わせ可能です。サービスサイトでは各種サービスの情報に加え、ケーススタディを掲載しています。詳細はサービスサイトをご覧ください。

「MallMAX」特設サイト:https://www.trans-cosmos.co.jp/ec/mallmax/
「MallMAX」概要資料ダウンロードURL:https://transcosmos-ecx.jp/download/MallMAX

トランスコスモスは「MallMAX」の提供開始により、お客様企業のEC事業をマーケティングからサポートまでをトータルに支援するECワンストップサービスを強化することで、フルフィルメントを含むフルサポートでの売上拡大を支援していきます。

 

●関連リリース(1):
トランスコスモス、仙台にAmazon向け専属プランニングチームを設立
https://www.trans-cosmos.co.jp/company/news/180314.html

●関連リリース(2):
AIや機械学習を活用したAmazon広告マネージドプラットフォーム「Quartile」を提供するクォータイル社と戦略的業務提携
https://www.trans-cosmos.co.jp/company/news/191016.html

●注釈
(※1):現時点の「MallMAX Scope」はAmazonおよび楽天市場が分析対象です。Yahoo!ショッピング、PayPayモールは順次拡大します

●関連ページ

※トランスコスモスは、トランスコスモス株式会社の日本及びその他の国における登録商標または商標です
※その他、記載されている会社名、製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です

 

トランスコスモス株式会社について

トランスコスモスは1966年の創業以来、優れた「人」と最新の「技術力」を融合し、より価値の高いサービスを提供することで、お客様企業の競争力強化に努めて参りました。現在では、お客様企業のビジネスプロセスをコスト最適化と売上拡大の両面から支援するサービスを、アジアを中心に世界30の国と地域・169の拠点で、オペレーショナル・エクセレンスを追求し、提供しています。また、世界規模でのEC市場の拡大にあわせ、お客様企業の優良な商品・サービスを世界48の国と地域の消費者にお届けするグローバルECワンストップサービスを提供しています。トランスコスモスは事業環境の変化に対応し、デジタル技術の活用でお客様企業の変革を支援する「Global Digital Transformation Partner」を目指しています。 (URL: https://www.trans-cosmos.co.jp)

 

SDGsへの取り組み

報道関係者お問い合わせ先

トランスコスモス株式会社 広報宣伝部 冨澤
Tel:03-4363-0123 Email:pressroom@trans-cosmos.co.jp