catch-img

Shopify(ショッピファイ)自動タグ付けアプリ Easy Taggingを解説


目次[非表示]

  1. 1.Easy Taggingの特徴
  2. 2.Easy Taggingの料金プラン
  3. 3.Easy Taggingの設定方法
  4. 4.まとめ


Easy Taggingの特徴

今回はShopifyアプリのEasy Taggingについてご紹介いたします。Easy Taggingは、Shopify管理画面上にある特定の条件に該当する注文管理、商品管理、顧客管理に自動的にタグを追加することができるアプリになっています。自身で任意の条件を設定するだけで、作成した条件にあたる注文、商品、顧客にタグ付けすることができます。また、タグを追加するだけではなく、何千、何万もの商品に付いているタグを一括削除、更新することが可能になります。タグ付けをするメリットとしては、タグ検索を使えば、注文、商品、顧客を簡単に見つけることができ、Shopifyストアを整理できるという点が挙げられます。

shopifyに関するお問い合わせをするボタン

shopify資料のダウンロードをするボタン


Easy Taggingの料金プラン

Easy TaggingにはBASIC PLAN、STANDARD PLAN、ADVANCED PLAN、PRO PLANと4つの料金プランが用意されています。

BASIC PLAN15日間の無料トライアル期間有
・月額$4.99
・月に2,000個までのタグ付けができる
・Shopify管理画面内の注文管理、商品管理、顧客管理の情報内で条件に合ったものに対して自動的にタグ付けされる

STANDARD PLAN​​​​​​​:
・月額$9.99
・月に10,000個までのタグ付けができる
・Shopify管理画面内の注文管理、商品管理、顧客管理の情報内で条件に合ったものに対して自動的にタグ付けされる

ADVANCED PLAN
・月額$19.99
・月に50,000個までのタグ付けができる
・Shopify管理画面内の注文管理、商品管理、顧客管理の情報内で条件に合ったものに対して自動的にタグ付けされる

PRO PLAN​​​​​​​
・月額$49.99
・月に200,000個までのタグ付けができる
・Shopify管理画面内の注文管理、商品管理、顧客管理の情報内で条件に合ったものに対して自動的にタグ付けされる


上記の中で、自分に合ったプランを選択することができます。基本的にプランによる違いは付与できるタグの件数です。また、15日間の無料トライアル期間があるので、実際にアプリを体験してから利用するかを決めるといいと思います。


Easy Taggingの設定方法

Easy Taggingの設定方法をお伝えしていきます。


「限定商品購入者へのタグ付与」

①限定商品を購入した際に購入者へのタグ付けが必要になるため、アプリ使用前に商品に手動で「期間限定商品」のタグを作成します。

商品に事前にタグ付け


②次に、アプリを利用していくため、インストール済みのアプリからEasy Taggingを選択します。


③アプリを開いたら、「Create Rule」を開きます。(条件を作成するページに移行します。)

④新しくオリジナルの条件を作成したい場合は、赤枠の「Create New Empty Rule」を開きます。
また、条件のテンプレートも用意されているので、こちらを活用することもできます。


⑤Name(条件の名前), Type(基準する項目), WHEN Criteria IS MATCHED(条件の詳細), TAG THE ORDER CUSTOMER(自動的に付与されるタグ名)の入力を行い、保存します。

今回の条件
Name=期間限定商品
Type=Orders
WHEN Criteria IS MATCHED=product.type(商品タイプ)が「期間限定商品」と一致する条件
TAG THE ORDER CUSTOMER=期間限定商品購入


⑥保存され、有効になっていることが確認できます。

⑦タグがついているはずの商品を購入後、顧客管理画面を確認します。
画面右下にタグに「期間限定商品購入」があることが確認できます。

上記の設定方法により、Easy Taggingから自動的にタグ付けがされたことが確認できたので、完了になります。


最後に、わかりにくいWHEN Criteria IS MATCHED(条件の詳細)について説明します。

①:自動タグ付けの条件を作成する際に使用できる条件一覧が表示される
今回設定した条件は、「product.tags」で、もともと商品にタグが設定されているものを選択しています。このほかにも、「product.type」商品タイプや、「total.price」合計金額、「billing_address」請求先に関する条件を作成することができます。

②:①で選択した条件と③で記入したテキストの比較を行っている
今回の設定では、「contains」~が含まれるもの を使用しています。

③:①と比較したいものについて記述する(①の条件によっては「はい」「いいえ」での選択も有)
今回の設定では「期間限定商品」と記入しています。


まとめ

以上のようにEasy Taggingについて特徴、利用料金、アプリの設定方法について紹介しました。これまで、手動で行ってきたタグ付けをアプリを取り入れることで自動でタグ付けされることは、人の手間を省き、膨大な時間を節約することができます。Easy Taggingを利用することで、効率的にストアを管理、整理することができるとおもいますので、ぜひ、まずは無料期間の15日間で試してみてはいかがでしょうか。

shopifyに関するお問い合わせをするボタン

shopify資料のダウンロードをするボタン

shopify構築サービスバナー










トランスコスモスShopifyエンジニア
トランスコスモスShopifyエンジニア
トランスコスモスは日本で7社しかない最上位の「Shopifyプラスパートナー」です。最上位認定を堅持しShopifyでのECサイト制作・Shopifyアプリ開発を担うのが、トランスコスモスShopifyエンジニアチームです。Shopifyアプリの解説・紹介、Shopifyの基本的な使い方など制作や開発の過程で得られた知見をご紹介します。

Shopify導入についてのサービス問い合わせ

Shopifyアプリ解説・紹介記事


【無料】セミナー動画視聴


EC関連サービス


トランスコスモスのEC全領域を網羅するサービス


従業員(メンバー)インタビュー


トランスコスモスの定量的な強み

お気軽に
お問い合わせください

Shopify(ショッピファイ)
ECストア構築・運用代行

トランスコスモスは日本最上位の「Shopifyプラスパートナー」企業です

 記事カテゴリー

ロジスティクスサービス

【週間ランキング】Shopify人気記事

ロジスティクス関連 新着記事

【初心者必見!】Shopifyマニュアル

 Tag(タグ)一覧

正社員募集(求人)

 【無料】資料ダウンロード

Shopify認定パートナー企業

shopify plus partner
トランスコスモスは最上位の「Shopify Plus partner(ショッピファイプラスパートナー)」です。
Shopifyでのサイト制作ならお任せください!
ECソリューションをお届けするサービスサイト

トランスコスモス株式会社
CX事業統括
ECX本部

〒150-0011
東京都渋谷区東1-2-20
渋谷ファーストタワー
050-1751-7700(代表)

経済産業省が定める「DX認定事業者」
トランスコスモスは経済産業省が定める「DX認定事業者」
トランスプラス
トランスコスモスの全社的な情報を発信するオウンドメディア
cotra
コンタクト/コールセンターに携わる方への情報サイト
shopify構築・制作・運用