catch-img

インスタグラム(Instagram)上でShopifyの商品を販売する方法を解説。

今回は、ShopifyとInstagram(インスタグラム)を連携し、インスタグラム上で商品を直接販売する「ショッピング機能連携」ついて解説していきます。

「お、これいいね」とインスタグラムを見ていて気になるアイテムを見つけることは多いかと思います。
「インスタから直接商品を購入できたら・・・」EC事業者なら一度は思ったことがあるはず。
そんな思いを叶えたInstagramのショッピング機能は2018年6月にリリースされました。
ですが、ECカートではその連携が思うようにいかない、そもそも連携していないといった声を聞きます。

Shopifyでは、その連携がスムーズにでき、手軽にインスタグラムに投稿が可能です。


というわけで、実際にやってみました。

ショッピング機能の利用方法

まず、前提として
・Shopifyを契約している
・Shopifyで商品登録が完了している
・Facebookで会社用アカウントを保有している
・PCとスマホを用意している


この4つが必要です。またこの機能を使うには、FacebookとInstagramの連携審査をパスする必要があります。1時間以内に完了することもあれば、1週間前後を要することもあるので、利用したい場合は時間に余裕を持って連携を行いましょう。

では、早速実践していきます。(InstagramはFacebookと連動していますので、Facebookでも販売対応します)


Facebook・InstagramとShopifyの連携

販売チャネルにFacebookとInstagramを追加する

まずは、Shopifyの管理画面の販売チャネルに、Facebook・Instagramを加えます。画面右のサイドメニューにある販売チャネルの+ボタンをクリックしてください。

販売チャネルが表示されます。FacebookとInstagramの隣りにある+ボタンを押して、販売チャネルを追加します。

InstagramとFacebookの販売チャネルが追加されました。

ここでは、サイドメニューにチャネルが追加されただけで、実際の連携は完了していません。以下で実際のアカウントとShopifyを連携していきます。

ShopifyとFacebook・Instagramアカウントの連携

販売チャネルがShopifyの管理画面に表示されたら、事前に作成したFacebook・Instagramのアカウントと販売チャネルを連携していきます。


Facebookページとの連携

まずは、Facebookから連携していきましょう。

サイドメニューの販売チャネルに作成された① Facebook shop→②アカウント より③「アカウントを連携」をクリックします。


連携するFacebookアカウントの確認画面が表示されますので、OKをクリックして連携してください。 

Facebookの審査通過後にShopifyより開始の通知メールが来ます。
審査には通常48時間ほどかかります。
※10分で完了することもあれば、なかなか承認がおりないこともあります。


※完了するとFacebook ショップのページが追加されます。


審査通過すると、Shopifyで登録している商品が自動的にFacebook上に掲載されます。


確認する場合はご自身のFacebookページに青い「購入する」ボタンが表示されますので、「ボタンをテスト」をクリックして見ることができます。

また掲載したくない商品があれば、Shopify管理画面上から選択ができます。

Instagramとの連携

続いてインスタグラム連携を行います。

販売チャネルでInstagramを追加すると以下の画面が出ますので、「販売チャネルを追加する」をクリックします。これで販売チャネルが追加されました。


FacebookとInstagramを連携する

次にFacebookとInstagramの連携設定をします。販売チャネルのInstagramを開くと以下の画面が出ますので、「Facebookに接続する」をクリックします。


※フェイスブックアカウントでログインする

先ほど作成したFacebookアカウントでログインします。

ここから、インスタグラム側の審査が開始します。審査期間は1週間ほどかかるとのことですが、私の場合は即日でした。(たまたまだな)

※連携前にFacebook上で、Instagramのアカウントをビジネスアカウントに切り替える必要があります。

  必要項目を入力して、FacebookとInstagram連携を完了します。

これでShopifyとInstagramの連携は完了です。

連携が完了すると、Shopify管理画面のInstagram accountにも表示されるようになります。


Instagramの投稿に商品をタグ付けする。

Instagramの投稿に商品のタグ付けをします。ここからはスマホで操作します。Instagramアプリを開き、ログインしてください。

アプリのメニューから設定>ビジネス>ショッピング の順に進みます。




ショップセクションが追加されているFacebookページを選択し、チェックしてください。
ちなみに「製品カタログが見つかりませんでした」とありますが、しっかりと連携されておりますので、ご安心ください。
余談ですが、この「製品カタログ」の連携がECカートによっては作れなかったり、手順が複雑でわからないことが多いです。Shopifyなら自動で連携されるので、非常に簡単です。

これで、InstagramとFacebookページの設定が完了しました。


最後に商品のタグ付けをします。投稿した写真から紐付けます。

投稿写真に入り、メニュー>編集>製品をタグ付け の順に進みます。

    


言われた通り写真をタップすると、タグ付けしたい商品一覧が出ますので、選択してください。

インスタグラム投稿に商品がタグ付けされると以下のように画像に商品名が掲載され、クリックするとShopify商品ページに誘導されます。
また、一覧ページにはカゴマークが付きます。

設定方法は以上です。

  

 


いかがでしたでしょうか。
FacebookよりもInstagramの方が審査通過時間や設定手順が多いですが、お気づきでしょうか?画像にありますように、商品の紐付けまでわずか10分で可能です。
しかもこの記事の投稿のためにだいぶ慎重に進めていました(笑)


Shopifyならこんなに簡単にInstagram・Facebookとも連携でき商品を販売することができます。販売チャネルが増えるということは、ユーザーの接触するチャネルが増えるということですので、ECサイトを運営する上でも欠かせません。
是非参考にしていただき、お店の売上アップにつなげましょう。

ECXサイト編集部
ECXサイト編集部

トランスコスモスのECX本部が運営するサービスサイト「ECX」編集部です。コーディング、WEBデザイン、SEM、UI改善などの実務経験豊富なメンバーで執筆・運営・管理をしております。

関連記事

Shopify(ショッピファイ)の使用料金まとめ。決済手数料や月額の利用料金、入金サイクルについて

Shopifyのコストパフォーマンスについて、BaseやStore.jpといった他ASPカートと比較し・調査しました。

【前編】Shopify X Amazon間のデータ連携方法

商品データ連携、注文データ連携、在庫データ連携、配送データ連携をカバーしていきます。本日はまず、Shopifyの商品情報をAmazonにプッシュする方法をカバーします。

Shopify(ショピファイ)の情報収集に役立つサイトやSNSアカウントを紹介

Shopifyに関する貴重なコンテンツを発信しているメディアやSNSアカウントをまとめて一挙に公開します。

Shopify Plus(ショピファイプラス)の独自機能「Wholesale(卸売チャネル)」

Shopifyのエンタープライズプランである、Shopify Plusに搭載されている機能、「Wholesale(Channel)」について解説していきます。

全24件中 1〜 4件を表示
お気軽に
お問い合わせください

Shopify (ショッピファイ) ECストア構築・運用代行