catch-img

【SEO Manager】SEO対策で人気のShopifyアプリ

EコマースプラットフォームShopifyの魅力と言えば、

その「デザイン性」もさることながら、「拡張性」の高さがあげられます。

実際に、Shopifyアプリストアでは様々な目的別での数多くのアプリケーションが用意されています。

カテゴリーごとに整理されたShopifyアプリストア 。弊社開発アプリもファーストビューに!


運営者の目的に合わせて自由にカスタマイズが出来るため、世界中の多くのEC事業者からShopifyは支持されているともいえるでしょう。

そこで、Shopifyをカスタマイズする上で

「これは役に立つ!」とお勧めできるアプリをご紹介いたします。


今回のテーマは、

ECサイトの集客において非常に重要な「SEO(検索エンジン最適化)」


Shopifyのプラットフォームは、セットアップ時に既にSEO機能が組み込まれています。まずは、こちらをきちんと設定することをお勧めします。

shopifyのデフォルト管理画面でも、SEOに関する機能が搭載されています


とはいえ、それだけで課題が解決しない方も多いと思います。

そんな時は、Shopifyアプリに関しても、SEOに特化したものを多く揃えているので、そちらも導入してみたいところです。


弊社でも、Shopify Meetupを通して多くのマーチャント様にアンケートを取らせて頂いていますが、「SEOが課題」という声を多数いただきます。

そこで今回は、Shopifyアプリの中でも、非常に人気のある「SEO Manager」をご紹介します。

Shopifyアプリ「SEO Manager」とは 


Shopify  app storeで「SEO」と検索すると、300以上のアプリがヒットすることから、SEO関連のアプリは非常に人気が高いことが伺えます。


その中でも、非常の多くの方にインストールされ、レビューでも高評価を得ているのが"SEO Manager(SEOマネージャー)"です。

※日本のアプリではないので、英語表記なのはちょっと我慢してください(笑)

価格は月額20$ですが、7日間のフリートライアルもあるので、気になる方はぜひインストールしてみて、触ってみるとよいでしょう。

SEO Managerで出来ることは多岐に及ぶのですが、

一言で言うと「SEOのチューニングに関わる要素を一通り網羅している」ということに尽きるでしょう。

例えば以下。

対策すべきキーワード選定のサポート

title・meta description最適化

404ページの発見、リンクエラーなど修正すべきエラー項目の抽出

構造化データマークアップ

ページスピード最適化、モバイルフレンドリーチェック

要は、トラフィックを獲得するためのキーワード選定、HTMLマークアップ、エラー要素を抽出して改善サポート、ますます重要度の高まるモバイル対応や構造化データマークアップまで、全方位的にポイントを抑えています。

「詳しいことはわからないけど、基本的なSEO対策を行いたい」

というようなニーズには「これ一つあれば十分!」と言えるアプリです。

具体的にどんな機能があるの?


もっとSEO Managerのことが知りたい!という方のために解説します。

まず、アプリの導入ですが、ステップは非常に簡単です。

ほぼ、theme.liquidファイル内に、タグを1行差し込むだけという手軽さ。

導入のサポート画面。英語ですが、ガイドがあるので親切です。


ですので、サイト制作に明るくない方でも基本的には問題ないでしょう。

それでも自信が無い!という方にはサポートも提供されてるので、問題はありません。

 SEO ManagerのTOPメニュー画面


ログインすると、以下8メニューが並んでいます。


①SEO Setting

モバイルフレンドリー状況や、ページスピードのチェック。Google検索でインデックス状況の確認など。各種設定が可能。


②Link manager

リンクチェックが出来る機能。エラーリンクやリダイレクトリンクの発見が出来ます。


③Company Info/JSON-LD

企業情報の登録、各種SNSアカウントやGoogleマイビジネスとの紐づけ。また、近年SEOにおける重要度が高まる「構造化データマークアップ」に対応する機能。


④Bulk SEO editor

取り扱う商品やカテゴリーのtitleタグをルール化し一括で変更できるテンプレート機能。SKU数が多い店舗には助かる機能です。


⑤Search analytics

Googleサーチコンソールの検索アナリティクス(現:検索パフォーマンス)データが確認できます


⑥Support

よくある質問集。アプリに限らず、SEO対策自体に関する質問集もあります。


⑦Sitemaps

サーチコンソールのサイトマップデータが見れるのですが、現在はAPI連携の関係で停止中。残念。


⑧How to get started

ヘルプページ。チュートリアル動画が充実しています。


と、以上のように、一括管理での文言修正や、Goolgeサーチコンソールとの連携など、ECサイトのSEOを行う上で役立つ機能が網羅されています。

SEO観点で特にオススメする機能は?


SEO歴10年以上の私がおススメする機能は、「SEO Setting」内の

Target Keywordです。


SEOの最初のステップは「キーワード選定」です。


対策キーワードは、ついつい「自分目線」「お店目線」で選んでしまう部分が多いと言えます。

例えば、ECサイト上の記述は運営者目線で「サッカーシューズ」と記述されているけれども、実は調査してみると、実際のユーザーは「サッカースパイク」と検索している方が多かった。

なんてことは、日常茶飯事です。


そこで、このTarget Keyword機能は、SEO Manager上で、Googleサジェストのデータを抽出してくれて、しかもきちんとTitleやmeta descriptionに記述されているかチェックしてくれる代物です。

こうした機能を使って、まずはSEO対策をするべきキーワードの選定を丁寧に行うといいでしょう。


とは言え、SEOって難しい・・・


Shopify自体は検索エンジンフレンドリーな作りですし、SEO Managerも優れたアプリです。

ですが、それらを実装しただけでSEOが成功するかというと、必ずしもそうではありません。

SEOを行う上では、まずは正しい知識と運用が必要です。


世の中にSEOの情報は非常に多く存在しますが、まずはGoogleの公開する以下情報などをチェックしてみるといいでしょう。


検索エンジン最適化(SEO)スターター ガイド

ウェブマスター向けブログ


まずは正しい情報で正しい知識を得ること。

その上で、限られた時間でSEOを成功させるために、アプリを活用し効率化を行うことで、日々のEC運営業務に集中することも可能でしょう。

ECXサイト編集部
ECXサイト編集部

トランスコスモスのECX本部が運営するサービスサイト「ECX」編集部です。コーディング、WEBデザイン、SEM、UI改善などの実務経験豊富なメンバーで執筆・運営・管理をしております。

関連記事

【Instagram×Shopify】RiLi.tokyo渡邉様ご登壇!Shopify Meetup セミナーレポート

RiLi.tokyo渡邉様ご登壇!Shopify Meetup セミナーレポート

【Shopify(ショッピファイ)導入事例】食品・飲料系ECサイト・導入アプリ編

今回はShopify(ショッピファイ)で作成された食品、飲料関係のECサイトの事例をご紹介します。

【Shopify(ショッピファイ)導入事例】BtoB(卸・法人)ECサイト・導入アプリ編

今回はShopify(ショッピファイ)で作成されたBtoB(卸・法人向け)のECサイトの事例をご紹介します。

Shopify Payment(ショッピファイ ペイメント)の決済方法とその他特徴を解説。

初めてECサイトを運用する方でも理解できるよう、Shopifyで利用する決済サービスについて丁寧に解説していきます。

全24件中 1〜 4件を表示
お気軽に
お問い合わせください

Shopify (ショッピファイ) ECストア構築・運用代行