catch-img

【HubSpot使い方講座】「コンタクト機能」をもっと使ってみませんか?

今回から自社でも利用しているHubSpot(ハブスポット)の使い方について紹介したいと思います。

※そもそもHubSpot(ハブスポット)ってどういうもの?という方は【HubSpot使い方講座】インバウンドマーケティング?「HubSpot」ってなに?を参考にしてください。

最初に紹介する機能はHubSpot(ハブスポット)の中でも一番更新頻度の高い機能だと思ってる「コンタクト」についてです。

「コンタクト」メニューの中にはコンタクト・会社・アクティビティフード・リストの4つの機能がありますが、今回はコンタクトメニューの中のコンタクト機能についてです。

「コンタクト」機能はリードに関する情報を集約・管理する機能でリードがないとMAもSFAもCRMも何をやるにも、まずはリードがないとなにもできないってぐらい非常に重要です。

いかにこのリードを多く取得し質の良いリードにしていく事がインバウンドマーケティングには重要であり課題だと思っています。

今日はこれだけでも覚えてもらえれば大丈夫です!!


っと言いたいところですがせっかくなのでもう少しおつきあいください。

今日のアジェンダは

  • 【コンタクト】機能は何ができるの?
  • 【コンタクト詳細】機能は何ができるの?
  • Tips!プロパティを使い倒そう

【コンタクト】機能は何ができるの?


コンタクトの一覧でフィルタした画面

 そもそもコンタクトやリード???って方もいるかと思います。

コンタクト=リード=人だと思ってもらえれば大丈夫!

「コンタクト」機能の一覧でできることはこんなことができます。

リードの一覧表示

  • 一覧表示での検索
  • 一覧表示のフィルタ機能
  • 一覧表示できる項目(列)の編集
  • 重複コンタクトの管理
  • コンタクトの登録(画面からの登録とインポートの両方とも可能)

 ・・・・・・・・・・・etc

 (私も触ってはいますが、まだ知らないことたくさんあります。)

など、コンタクトの一覧だけでもいろいろなことができます。

フィルタ機能の条件ではカスタマイズができ、作ったフィルタを非公開・自分のチームに公開・全員に公開などの設定を行うことができます。

※システム部門の方からは人(行)のことをレコードと呼ぶ人もいますので、

リード=人=レコードだと覚えてもらればシステム部門の人とも共通の言葉で話せるのではないでしょうか??


【コンタクト詳細】機能は何ができるの?

 次にコンタクトの詳細機能です。

コンタクトの詳細機能では3列に構造になっています。

左側ではコンタクトの名前や役職、所属している会社のロゴ、コンタクトが持っているプロパティの詳細情報が表示できます。

また、ウェブサイトへ何回訪問し何ページ閲覧したかの情報まで取れますので、このコンタクトが自社・自サービスに興味持っているのか、そうでないのかも判別がつきます。

真ん中ではそのコンタクトが行動したまたはコンタクトに対して行動したこと(例えばメールを開封したりウェブサイトを見たりしたらそのログ(記録)がタイムラインとして表示されます。

タイムライン上にはHubSpot(ハブスポット)上に記録するコメントやタスク・Eメールのやりとり・コール(電話)・ミーティングのログを残すことができます。

右側にはそのコンタクトが関連している「会社」や「取引」などの情報が表示されますので一目でそのコンタクトがどの企業に属し、どの取引に関連しているのかがわかります。


以上のようにコンタクト機能はコンタクトに関連する人・会社・取引とそのコンタクトの行動履歴ややり取りなどが一目でわかるようになっていますので、まずはコンタクト機能を見ながらHubSpot(ハブスポット)の画面に慣れてもらうことをおススメします!


Tips!プロパティを使い倒そう

 個人的にHubSpot(ハブスポット)をさわる上で最も重要なだ機能だと思っているのが「プロパティ」です。

この「プロパティ」は何を意味しているのかというと、「名前」とか「会社名」とかコンタクトの情報を格納する場所のことをHubSpot(ハブスポット)ではプロパティと呼んでいます。(データベースでいうところの「カラム」や「フィールド」です。)

HubSpot(ハブスポット)では最初からかなり多くのプロパティが設定されていますが、このプロパティを自分たちでも好きなように作ることができます。

何か新たにリードを獲得する施策を立てる際に、新たにプロパティを作ってリード情報の管理に使うことができます。

また、プロパティを作成する際に、プロパティのグループも作成することができます。

プロパティをバラバラに作成すると管理が煩雑になるので、まとめて何かの施策でプロパティを作成するのであれば、プロパティグループを作成した方がよりプロパティの管理がやりやすくなると思いますので、ぜひ使ってみてください!(↑図の「コンタクト情報」や「ソーシャルメディア情報」・「Eメール情報」と書いてあるのがプロパティグループです。)

ECXサイト編集部
ECXサイト編集部

トランスコスモスのECX本部が運営するサービスサイト「ECX」編集部です。コーディング、WEBデザイン、SEM、UI改善などの実務経験豊富なメンバーで執筆・運営・管理をしております。

関連記事

【HubSpot使い方講座】HubSpotのCRMはこんなにできること多くてさらに無料!

今回はHubSpot(ハブスポット)のCRM機能について紹介します。数多くの機能が利用できてさらに利用料が無料です。

【HubSpot使い方講座】医療業界の事例掲載!海外事例から学ぶ!HubSpotの使い方と導入効果

今回は医療業界の海外事例の中で厳選したものを掲載。医療・健康業界でのMA・CRMの使い方やその効果について紹介します。

【建築・不動産業界 必見!】SFA/CRMツールを使った顧客管理方法と導入効果

建築・不動産業界においてSFAやCRMの顧客管理ツールを使ったときの考え方やその導入効果についてSalesforce(セールスフォース)の事例を紹介します。

【HubSpot使い方講座】海外事例から学ぶ!EコマースでのHubSpotの使い方とその効果

HubSpot(ハブスポット)の事例としてEコマースでの使い方について紹介します。

全12件中 1〜 4件を表示
お気軽に
お問い合わせください

Shopify (ショッピファイ) ECストア構築・運用代行