catch-img

【前編】Shopify X Amazon間のデータ連携方法

今回はShopify x Amazon連携に関してまとめていきます。

商品データ連携、注文データ連携、在庫データ連携、配送データ連携をカバーしていきます。本日はまず、Shopifyの商品情報をAmazonにプッシュする方法をカバーします。

長くなるので2部に分けました。まずは、前半を公開します。前半ではShopifyで商品情報が更新された際にWebhookで受け取るところから始まります。 下記がイメージです。

事前に準備するもの

・Shopifyアカウント

・Amazon MWS アカウント

・Azure アカウント

・Visual Studio

ShopifyのWebhookを受け取る


まずはShopify上で商品情報に変更がある際にWebhookで更新された内容を探知します。

そのためにAzure Functionsを用意します。Azure Functionsの用意に関しては下記を参照ください。
https://qiita.com/syantien/items/ab62db3b5ccec230db4e

Webhookに関してはShopifyにあるこちらのドキュメントをベースに進めていきます
https://help.shopify.com/en/api/getting-started/webhooks


ShopifyでWebhookの購読を設定

メニュー右下の「設定」をクリック、設定メニューの「通知」をクリックしてください。

通知設定画面の一番下部分に「Webhookを作成」ボタンがあるのでクリック。

次にWebhookの内容を選択し、それを受信するURLを入力します。
今回は商品の更新がある度にAmazonでも該当する商品の更新を行うので「商品更新」を指定します。

Webhookが作成されると、下記のように表示されます。ここ(①)に表記されるURLが正しいことを確認し、下部分にある文字列(②)を使い、正しいWebhookであることを確認します。

こちらのドキュメントによるとヘッダーで下記の値が渡されるとのことです。


X-Shopify-Topicで正しいトピックか確認、X-Shopify-Hmac-Sha256で②にあった文字列を使いSha256で暗号化された文字列が正しいか確認、X-Shopify-Shop-Domainで対象のストアーであることを確認、X-Shopify-API-VersionでAPIのバージョンを確認してください。


Webhookレスポンスクラスの定義

products/createまたはproducts/updateの際のレスポンス型は下記です。

ここで一つ、Visual Studioでのやばいテクニックを紹介。上記のサンプルJsonをコピーします。このJsonファイルのモデルを定義したいクラスファイルを開き、Visual Studioの「編集」→「形式を選択して貼り付け」→JSONクラスとして貼り付けるをクリック。

クリック後、下記のようなモデルが自動で生成されます。


ということで、Shopify Webhook (Product/Create Product/Update)のJsonを受けるC#モデルは上記です。


Webhookを受けるFunction

さっそくFunctionもこのデータを受け取るようにします。

ではテストをしてみます。テストは先ほどの管理画面右側から送ることができます。

そして下記がFunctionsのLogになります。

X-Shopify-Hmac-Sha256もちゃんと照合することができました。


次回予告

次はAmzazon API を使って商品情報をプッシュします。

Shopifyエンジニアチーム
Shopifyエンジニアチーム

トランスコスモス社内のShopify(ショッピファイ)でのECサイト制作に関わるエンジニアチームです。Shopify構築によって得られた知見などをブログ記事にて発信していきます。

関連記事

Shopify(ショッピファイ)の使用料金まとめ。決済手数料や月額の利用料金、入金サイクルについて

Shopifyのコストパフォーマンスについて、BaseやStore.jpといった他ASPカートと比較し・調査しました。

Shopify(ショピファイ)の情報収集に役立つサイトやSNSアカウントを紹介

Shopifyに関する貴重なコンテンツを発信しているメディアやSNSアカウントをまとめて一挙に公開します。

Shopify Plus(ショピファイプラス)の独自機能「Wholesale(卸売チャネル)」

Shopifyのエンタープライズプランである、Shopify Plusに搭載されている機能、「Wholesale(Channel)」について解説していきます。

インスタグラム(Instagram)上でShopifyの商品を販売する方法を解説。

Shopifyとインスタグラムを連携。国内月間アクティブユーザーが2,900万人を越えるインスタグラムを利用して売上をアップさせましょう。

全30件中 1〜 4件を表示


【無料】セミナー動画視聴

本セミナーでは、トランスコスモスのEC支援に対する豊富な実績をもとに今後の変革に必要と考えられる「CRM、データドリブン、生産性向上」をテーマとした当社コンサルティングサービスについて、講義形式のセミナー開催

【Shopify構築・運用セミナー】拡大するEC市場に不可欠なバックエンド業務の最新トレンド。EC事業を成功させるために『効率化に向けたバックエンド業務の最新トレンド』と題して、Shopify構築・運用に連携できるサービスをご紹介。

トランスコスモス主催のオンラインセミナー!EC事業を成功させるために『効率化に向けた最新テクノロジー』を丸紅情報システムズならびにグーグルクラウドジャパンをお招きしRPA,AI-OCRなど最新事例を交えてお伝えさせていただきます。

全11件中 1〜 3件を表示
お気軽に
お問い合わせください

Shopify (ショッピファイ) ECストア構築・運用代行

Shopify人気記事ランキング

 Tag(タグ)

 記事検索

 カテゴリー

 【無料】募集中セミナー

全4件中 1〜 4件を表示

 【無料】資料ダウンロード

Shopify操作マニュアルのダウンロード一覧

ショッピファイの管理画面の使い方を図解で開設した操作マニュアル資料をPDFにてダウンロード頂けます。

ECサービス紹介資料無料ダウンロード一覧

トランスコスモスのEC関連のサービス資料の一覧ページです。PDFにて概要のわかる資料を「無料」でダウンロードして頂けます。

セミナー発表資料の無料ダウンロード一覧

トランスコスモスのEC関連のWEBセミナーで使用した資料一覧ページです。PDFにてセミナーの内容がわかる資料を「無料」でダウンロードして頂けます。

全3件中 1〜 3件を表示