catch-img

ECにおけるフルフィルメントとは?業務内容や用語 3PLとの違いも解説

EC市場が盛んになるにつれて、業界内ではフルフィルメントという言葉を耳にする機会も増えたのではないでしょうか?では、EC事業におけるフルフィルメントとはどのようなものか、3PLとの違いは何か、ご存知でしょうか。ECワンストップセンター北柏での実際の業務をご紹介しながらご説明します。

目次[非表示]

  1. 1.フルフィルメントとは?
  2. 2.3PLとの違いとは?
  3. 3.フルフィルメントに含まれる業務例
  4. 4.フルフィルメントサービスを委託することのメリット


フルフィルメントとは?

消費者が商品を注文してから手元に届くまでの業務全般

フルフィルメントの語源は、英語で「実行」や「遂行」を意味する「Fulfillment」です。EC事業において、フルフィルメントサービスとは、EC通販などで、消費者が商品を注文してから手元に届くまでに発生する、業務全てのことを指します。



3PLとの違いとは?

物流に関わる業務に限られているか否か

3PL(スリーピーエル又は、サンピーエルと読みます)とは物流に関わる全ての業務を外注することです。しかしフルフィルメントは、物流機能だけでなく、商品受注のステップから決済までの全ての業務となります。そのため、EC通販事業にとって必要な業務全般になるといえます。

※3PLの詳しい解説は、3PL(サードパーティー・ロジスティクス)とは?導入メリットなど解説の記事をご覧ください。


フルフィルメントに含まれる業務例

1. フルフィルメントサービスのハブ機能、バックオフィス業務

受注管理、返金返品管理、在庫管理等の事務業務を担っています。そのため、消費者の注文や要望に適切に対応するには、このバックオフィス部門が正しく機能している必要があります。

※トランスコスモスのECワンストップセンター北柏(フルフィルメントセンター)にはバックオフィス機能が併設されています。


2. EC物流のロジスティクス業務

商品の入荷や、ピッキング、検品梱包など、物流倉庫内での出荷までの業務です。例えば、下記のような業務があります。

入荷・検品

商品が「入荷」した際に、入荷連絡を受け、実際に入荷した数量に差異が無いか、品質に問題が無いかを確認していきます。ハンディターミナルを使用し、出荷物(商品や資材、ノベルティ等)に付加されているバーコードをスキャンし、WMS(Warehouse Management System)に登録する方法が一例です。WMSに登録することで在庫管理(保管場所や商品とその数量等)を行うことにもつながります。

ピッキング・帳合

「ピッキング」とは注文のあった商品を保管場所からピックアップする作業です。また、「帳合」はピッキングを終えた商品と伝票に記載されている商品が一致しているかを確認する作業です。目視でのチェックでは品質、生産性に限界があるため、ハンディターミナルを用い、伝票と商品のバーコードをスキャンし、効率的にシステムチェックを行っていきます。

検品、梱包

商品の状態を確認するために「検品」を行います。ここでもハンディターミナルを通じてシステムで出荷物のチェックを行います。使用する資材はもちろん、伝票に紐づけられた商品が一致しているかを確認していきます。また、ご注文された商品を確実にエンドユーザー様へお届けする方法として、出荷には使用しない資材のバーコードをスキャンしたり、スキャンするべきバーコードに誤りが点数不足があったり等、正しい資材や商品を検品できていないと、画面にエラーが表示され出荷作業を進められないようにすることが挙げられます。検品が通った荷物を適正な資材で「梱包」します。検品作業が品質を確保する最後の砦となります。

出荷

配送業者に商品を引き渡します。配送方法にも多種多様なものがあります。エンドユーザー本人に直接お届けする、コンビニなどを受け取り場所に指定する、ポストへの投函など商品やサービスに合わせたお届け方法をできる工夫があります。

※ロジスティクス業務詳細はロジスティクスの業務を解説、1日の流れ【現場インタビュー】記事をご覧ください。


3. 顧客接点のカスタマーサポート業務

注文に関する、受注不備やキャンセル・返品対応などお客様からのお問い合わせ受付窓口業務です。バックオフィス機能とのスムーズな連携が迅速な顧客対応に繋がり、顧客満足度向上が期待できます。

トランスコスモスのEC全領域を網羅するサービス




フルフィルメントサービスを委託することのメリット

顧客体験の向上や、EC事業の成長にも繋がる

フルフィルメントサービスを導入することにより、3PL同様に、経営資源をコア業務へ集中させることができ、新たなEC事業戦略や販路拡大、マーケティングの強化などが見込めます。そして、委託範囲が物流業務だけの3PLとは違い、注文者と注文商品に関連する全ての対応業務が一気通貫で提供されるため、迅速な顧客対応が可能となります。それにより、顧客体験の向上が期待でき、企業ブランドのファンやリピーター獲得にも繋がることが見込めます

それほどに、フルフィルメント業務というのは、EC事業にとって非常に重要な役割を担っているといえるでしょう。


【参考】フルフィルメントサービス紹介資料 https://transcosmos-ecx.jp/service/logistics

【参考】ECワンストップセンター北柏(フルフィルメントセンター)センター長、政岡啓介のインタビュー記事 https://transcosmos-ecx.jp/blog/fulfillment/1

ロジスティクス北柏チーム
ロジスティクス北柏チーム
トランスコスモスの千葉県北柏にあるロジスティクス(自社倉庫)を担うチームです。 2014年4月からEC通販に係るバックオフィス業務、配送、フルフィルメントを担う専門部署です。倉庫の利用面積4,110坪。セキュリティISO27001取得(情報セキュリティ管理者常駐、フロア内監視カメラ、警備員24時間365日体制で配備

フルフィルメント/ロジスティクス
サービス一覧

ロジスティクス/フルフィルメントも含めた
ECワンストップサービス【動画】

トランスコスモス自社の物流倉庫
(ロジスティクス倉庫)
場所・住所・アクセス方法

・所在地:千葉県柏市松ヶ崎新田字水神前13-1 ロジポート北柏
・アクセス:電車 JR常磐線「北柏駅」徒歩6分


トランスコスモスのEC全領域を網羅するサービス


フルフィルメント/ロジスティクス部門で働く
従業員(メンバー)インタビュー


フルフィルメント/ロジスティクスサービス
資料ダウンロード【無料】

フルフィルメント/ロジスティクス
問い合わせフォーム

関連記事


【無料】セミナー動画視聴


EC関連サービス



採用情報(求人)


数字で見るトランスコスモスの強み

お気軽にお問い合わせください

フルフィルメント/ロジスティクス

shopify専用倉庫スピードロジ

Shopify人気記事ランキング

 Tag(タグ)

 記事検索

 カテゴリー

 【無料】募集中セミナー

正社員募集(求人)

 【無料】資料ダウンロード

Shopify認定パートナー企業

トランスコスモスは日本に7社しかない最上位の「Shopifyプラスパートナー」です。
Shopifyでのサイト制作ならお任せください