ロジスティクスサービス
誤出荷率 :0.00056%。徹底した品質管理と作業プロセスのシステム管理により高い作業品質と出荷精度。トランスコスモスが保有している業務フレームワークをもちいることで、高品質且つスピーディな構築を実現します。

catch-img

物流DXはどこまで可能?バックオフィスで必要なヒューマンオペレーション

日々、進化を続けるEC市場において、ECワンストップセンター北柏では、フルフィルメントサービスの品質向上に向けて自動化や省人化を進めています。
これまで人手で行っていた、手間のかかる作業や運用リスクがある複雑な作業を機械化するなど、業務効率を最大限に活かす施策を導入していますが、一方で、機械やシステムに頼ることができない重要な対応もバックオフィス業務には存在します。
少し逆行する話に聞こえるかもしれませんが、人の判断と調整が必要となる対応について解説します。

     

目次[非表示]

  1. 1.物流倉庫でのフォーキャストの調整
  2. 2.イレギュラー処理のオペレーション化
  3. 3.バックオフィス業務オペレーションノウハウの活用


物流倉庫でのフォーキャストの調整

フルフィルメントサービスにおけるフォーキャスト(forecast)とは

一般的には「予測、予想、予報」といった意味を持ちますが、フルフィルメントサービスにおける「フォーキャスト」は「出荷件数予測」を表しています。「FC」と略して表記することもありますが、フォーキャストは日々の出荷業務に欠かせない重要情報となります。



ECモールイベントに合わせたフォーキャスト作成

CM・広告掲載、DM配信、販売支援企画などのマーケティング戦略、各ECモール(楽天市場・Amazon・Yahoo!ショッピング・PayPayモール)で開催されるセールやイベントによる集客も加味して、新商品/既存商品の販売計画が立案され、この販売計画をもとに、プロジェクトマネジメントチームが各クライアント企業様と月単位でフォーキャストを決めていきます。
また、各案件のフォーキャストを把握することによって、ECワンストップセンター北柏全体の出荷計画が出来上がっていくことになります。



物流倉庫での出荷件数の調整

予め、要件定義の中で取り決めた「1日あたりの最大出荷可能件数」をもとにフォーキャストを作成していくことになりますが、販促施策やイベント効果で受注件数が想定以上に跳ね上がることや、逆にフォーキャストに届かない場合も多く発生します。受注件数の変動の他にも、配送指定日に伴う出荷日の調整やロット管理商品の出荷優先判断など、様々な条件や在庫状況を考慮して、バックオフィスチームで出荷件数を調整し、出荷指示を行っています。
フォーキャストとの乖離が大きい場合は、ロジスティクスチームと調整を行い、当日出荷分と翌日以降の出荷対応件数を決めていくことになります。


  ポイント  
出荷件数の情報をもとに、出荷作業に必要となるリソースの調整が行われることになります。
出荷件数の変動は、手配する配送トラックの台数にも影響を及ぼすため、フォーキャストに対する出荷件数の調整は、バックオフィスチームの重要なオペレーションとなります。



イレギュラー処理のオペレーション化

バックオフィスチームの主な対応業務

バックオフィスチームでは、主となる受注~出荷作業のほかに、商品入荷の際の入荷情報登録、返品商品の対応、在庫数の確認、実績レポート報告といった様々なオペレーションを行っています。


<バックオフィスの主な業務一覧>

業務
作業内容
受注確認、受注修正、配送日調整、受注キャンセル
出荷管理
出荷件数調整、出荷指示、出荷キャンセル
入荷管理
入荷予定/実績登録
返品予定/実績登録、返金登録
在庫管理
在庫数更新
実績報告
各種実績レポート提出、報告資料作成



運用ノウハウの蓄積と更新

配送ルールの改定や決済サービスの拡大など、顧客サービスの促進に伴い多様化するEC環境の変化にも迅速・柔軟に対応するため、事前検証を行いながら、運用変更やシステムの仕様変更に合わせて、受注処理や出荷指示の際の作業手順やチェック方法、設定ルールについてアップグレードをはかっています。
運用変更後に見つかった課題については、ひとつひとつ対応方法を明確にして、マニュアル化していきます。
ひとつの案件で発生した事象については、共通性のある他の案件でも検証を行い、同一の事象が発生するリスクの有無、同様の対策が適用されるか確認を行います。こちらは、複数の案件対応をシェアリングしていることの利点にもつながりますが、運用ノウハウとして蓄積することもバックオフィス業務の大きな役目となっています。



ヒューマンオペレーションの必要性

自然災害やシステム障害、過去事例のない事象や現行運用で対処困難な事象、要件定義に当てはまらない事象など、不測の事態やイレギュラーとなる状況に対して、人の判断と調整が必要となるケースも日常的に発生します。
配送不可地域が発生した場合の出荷ルールの策定、システム不具合に対する確認手順、イレギュラー事象に対する検討項目や対応手順など、対処方法を可視化しながら情報を積上げることによって、機械判断が困難な非標準となる対応についても、標準オペレーションとして業務に組み込むことを行っています。



バックオフィス業務オペレーションノウハウの活用

EC市場におけるバックオフィス業務支援のニーズ

以上、バックオフィス業務のオペレーションについてご紹介してきましたが、ここ数年で、バックオフィス業務の効率化を検討されるEC事業者が増加傾向にあるようです。

更なるサービスの拡充が求められるEC市場を見据えて、今後は、これまで蓄積してきたオペレーションのノウハウを活用し、新たなビジネスモデルを視野に入れ、トランスコスモスのバックオフィスサービスの展開を進めていきたいと思います。



【関連記事】バックオフィス課とサービス概要紹介

【関連記事】EC物流のバックオフィス業務の詳細

【関連記事】ECフルフィルメントサービスの一つ、受注管理とは?

 

365日出荷対応可能なEC物流特化型倉庫の詳細及びご相談はコチラから↓↓

  ロジスティクス(フルフィルメント)サービス|ECX 誤出荷率 :0.00056%。徹底した品質管理と作業プロセスのシステム管理により高い作業品質と出荷精度を実現。 トランスコスモスが保有している業務フレームワークをもちいることで、高品質且つスピーディな 構築を実現。運用開始後はパターンごとにルール化して安定したサービスレベルを提供。 EC-X|トランスコスモス









ロジスティクス北柏チーム
ロジスティクス北柏チーム
トランスコスモスの千葉県北柏にあるロジスティクス(自社倉庫)を担うチームです。 2014年4月からEC通販に係るバックオフィス業務、配送、フルフィルメントを担う専門部署です。倉庫の利用面積4,110坪。セキュリティISO27001取得(情報セキュリティ管理者常駐、フロア内監視カメラ、警備員24時間365日体制で配備

フルフィルメント/ロジスティクス
問い合わせフォーム

フルフィルメント/ロジスティクス
サービス一覧

ロジスティクス/フルフィルメントも含めた
ECワンストップサービス【動画】


フルフィルメント/ロジスティクスの実績・事例

トランスコスモス自社の物流倉庫
(ロジスティクス倉庫)
場所・住所・アクセス方法

・所在地:千葉県柏市松ヶ崎新田字水神前13-1 ロジポート北柏
・アクセス:電車 JR常磐線「北柏駅」徒歩6分

フルフィルメント/ロジスティクス倉庫内の様子をご紹介


トランスコスモスのEC全領域を網羅するサービス


フルフィルメント/ロジスティクス部門で働く
従業員(メンバー)インタビュー


フルフィルメント/ロジスティクスサービス
資料ダウンロード【無料】

関連記事


【無料】セミナー動画視聴


EC関連サービス



採用情報(求人)


数字で見るトランスコスモスの強み

お気軽にお問い合わせください

フルフィルメント/ロジスティクス

スピードロジ
shopify

【週間ランキング】Shopify人気記事

ロジスティクス関連 新着記事

【初心者必見!】Shopifyマニュアル

 Tag(タグ)一覧

 記事検索

 記事カテゴリー

 【無料】募集中セミナー

正社員募集(求人)

 【無料】資料ダウンロード

Shopify認定パートナー企業

shopify plus partner
トランスコスモスは最上位の「Shopify Plus partner(ショッピファイプラスパートナー)」です。
Shopifyでのサイト制作ならお任せください!
ECソリューションをお届けするサービスサイト

トランスコスモス株式会社
デジタルトランスフォーメーション総括 ECX本部

〒150-0011
東京都渋谷区東1-2-20
渋谷ファーストタワー
050-1751-7700(代表)


経済産業省が定める「DX認定事業者」
トランスコスモスは経済産業省が定める「DX認定事業者」
トランスプラス
トランスコスモスの全社的な情報を発信するオウンドメディア
cotra
コンタクト/コールセンターに携わる方への情報サイト
shopify
shopify構築・制作・運用