catch-img

【Shopifyストア運用支援】Jupyter Notebookでレポートを作成する(Visual Studio Code編)

以前の記事で Jupyter Notebookの便利さをご覧いただいたと思いますが、やっぱりコマンドプロンプトに慣れない、Jupyter Notebookの Webサービスを起動しっぱなし(コマンドプロンプトを開きっぱなし)というのは何だか気持ち悪いという方もおられるかと思います。そこで、今回は、Visual Studio Code(以下、VSCODEと言います)で Jupyter Notebookを使う方法をご紹介いたします。

なお、本稿は Pythonや VSCODEの環境が整っていることが前提となりますので、環境がまだできていない方は こちらの記事を参考にご準備ください。

目次[非表示]

  1. 1.VSCODEで Pythonの仮想環境を有効にする
  2. 2.VSCODEで Jupyter Notebookを使う


VSCODEで Pythonの仮想環境を有効にする

VSCODEで作業ディレクトリを開く

まずは VSCODEを起動します。はじめて VSCODEを起動する場合は、下図のような画面左側(サイドバーと言います)にエクスプローラーが表示されないかもしれませんが気にしなくて構いません。

キーボードから Ctrl+K、Ctrl+Oを押し、または、VSCODEのメニューから「ファイル」、「フォルダーを開く」を選択して、「フォルダーを開く」ダイアログが表示されたら作業ディレクトリを指定します。ここでは、前回作成した jupyter_notebook を選択します。下図のように、サイドバーのエクスプローラーの先頭に JUPYTER_NOTEBOOK と表示されれば OK です。


Pythonインタープリターを変更する

続いて、この作業ディレクトリで作業するための Pythonインタープリターを変更します。キーボードで Ctrl+Shift+P を押し、または、VSCODEのメニューから「表示」、「コマンドパレット」を選択します。

そしてコマンドパレットが表示されたら、 python select interpreter と入力します。コマンドパレットはサジェストが効きますので、すべてを入力する必要はありません。コマンドパレットの下に「Python インタプリタを選択」が表示されたら、それをクリックします。

すると、インストールされている Pythonが表示されますが、ここでは仮想環境の Pythonを使いたいので、「+ Enter interpreter path...」をクリックします。

そして、「Find...」と表示されたら、それをクリック。

「Select Python interpreter」というダイアログが開くので、仮想環境にある pythonexe を選択します。前回作成した jupyter_notebook の仮想環境の pythonは、jupyter_notebook\Script\python.exe です。

すると、VSCODEの画面下部(ステータスバーと言います)の pythonインタープリターの表示が仮想環境のものに切り替わります。


仮想環境のターミナルに切り替える

仮想環境で作業を行うには、ターミナルを仮想環境のものに切り替える必要があります。ターミナルは、これまで使っていたコマンドプロンプトと同じようなものですが、コマンドプロンプトを強化した Powershell というものになっています。

キーボードで Ctrl+Shift+@ を押し、または、VSCODEのメニューから「ターミナル」、「新しいターミナル」を選択します。

すると、下図のように VSCODEの画面右下(パネルと言います)のターミナルが仮想環境のものに切り替わります。Jupyter Notebookで新たなパッケージを使いたい場合は、この仮想環境のターミナルで pip install xxxxx(パッケージ名)を実行します。

元々表示していたターミナルは不要なので、パネルの右側に表示されている2つの「powershell」の内、上段のものをクリックして、ごみ箱アイコンが表示されたらそれをクリックします。

以上の設定を終えると、VSCODEを再起動しても再度設定しなおす必要はありません。仮想環境のアクティベートも自動で実行されるようになります。


VSCODEで Jupyter Notebookを使う

新しいファイルを開く

VSCODEのメニューから「ファイル」、「新しいファイル」を選択します。(キーボードで Ctrl+Alt+Windows+N でも開けるようですが、さすがに 4つのキーの同時押しは無理が・・。)

すると、VSCODE画面右側(エディター)に Jupyter Notebook のエディターが表示されます。もし、このときファイルの種類を選択を求められたら「Jupyter Notebook」を選択します。


VSCODE の Jupyter Notebook で Pythonを実行する

Jupyter Notebook のエディターで Pythonコードを記入して Shift+Enter を入力するか、Jupyter Notebook の実行アイコン(右向きの三角)をクリックすると Jupyter Notebook 上でコードが実行されます。もし、ここで Pythonインタープリターの選択が求められたら jupyter_notebook の Pythonを選択します。

実行結果は、通常の Jupyter Notebookと同様に表示されます。

試しに、前回作成した Untitled.ipynb を実行してみましょう。エクスプローラーで Untitled.ipynb を選択します。

エディターに Untitled.ipynb の内容が表示されたら Jupyter Notebookの「すべてを実行」をクリックします。

すると実行結果も前回同様に表示されます。




このように VSCODEで Jupyter Notebookを使えるようにすれば、毎回、コマンドプロンプトで仮想環境をアクティベートしたり、jupyter notebookのサーバー(Webサービス)を実行しなくても済むので便利かと思います。以上、簡単ですが VSCODEで Jupyter Notebookを使う方法でした。それではまた!


トランスコスモスShopifyエンジニア
トランスコスモスShopifyエンジニア
トランスコスモスは日本で7社しかない最上位の「Shopifyプラスパートナー」です。最上位認定を堅持しShopifyでのECサイト制作・Shopifyアプリ開発を担うのが、トランスコスモスShopifyエンジニアチームです。Shopifyアプリの解説・紹介、Shopify基本的な使い方など制作や開発の過程で得られら知見をご紹介します。

Shopifyアプリ解説・紹介記事


【無料】セミナー動画視聴


EC関連サービス


トランスコスモスのEC全領域を網羅するサービス



採用情報(求人)


従業員(メンバー)インタビュー


トランスコスモスの定量的な強み


Shopify「など」お問い合わせフォーム

例:山田 太郎
会社でお使いのメールアドレスをご記入ください。
お気軽に
お問い合わせください

Shopify(ショッピファイ)
ECストア構築・運用代行

トランスコスモスは日本に7社しかない最上位の「Shopifyプラスパートナー」企業です
shopify専用倉庫スピードロジ

Shopify人気記事ランキング

 Tag(タグ)

 記事検索

 カテゴリー

 【無料】募集中セミナー

正社員募集(求人)

 【無料】資料ダウンロード

Shopify認定パートナー企業

トランスコスモスは日本に7社しかない最上位の「Shopifyプラスパートナー」です。
Shopifyでのサイト制作ならお任せください