OMSとは Shopify専用物流倉庫スピードロジ

OMSとは? 導入のメリット・デメリットや意味を解説!


目次[非表示]

  1. 1.OMSとは(意味)
  2. 2.OMSの重要性
  3. 3.OMS導入のメリット
  4. 4.OMS導入のデメリット
  5. 5.OMSとWMSの違い
  6. 6.OMSの選定基準
  7. 7.まとめ
  8. 8.トランスコスモスのOMSとは
  9. 9.Shopify専用物流倉庫サービス


​​​​​​​

OMSとは(意味)

 ECや通販を始めるとよく聞く「OMS(オーエムエスと読みます)」という言葉。これはOrder Management System(オーダーマネージメントシステムと読みます) の略で注文管理システムと呼ばれるものが多いです。(Office Management system もありますが、ここではECでのOMSについて解説していきます! )ECサイトでの注文情報を一括化し、注文管理、在庫管理、商品管理、出荷管理、顧客管理などを一括化するシステムです。様々な会社がEC用OMSを出していますが、対象の範囲はプランや使うシステムによって異なる場合があります。

  トランスコスモスのOMS(オーダーマネジメントシステム)サービス オーダーマネージメントシステム(OMS)とは? ECモール、ショップ運営のバックエンド業務を自動化・効率化受注処理業務、出荷処理業務の支援を可能にするシステムです EC-X|トランスコスモス



OMSの重要性

 なぜOMSを検討する必要があるのでしょうか?自社サイトしか出店していない、という方にとっては、自社サイトの管理画面を見ればすぐに解決するので必要ないと思う方もいるでしょう。しかし複数店舗の運営(たとえば自社サイトに加えて、楽天やアマゾンに出店した場合)をする際、1つ1つの注文情報を見て、在庫を照らし合わせるのはとても大変です。そのときに活躍するのがOMSです。

 OMSの中にはオンライン上の注文情報だけでなく、店舗などオフラインの情報も統合できるものもあります。


OMS導入のメリット

 OMSを導入する上でのメリットを大きく3つ紹介します。

①在庫管理が楽になる

 複数店舗での在庫管理をOMSで一括で行えるため、在庫管理がとても楽になります。OMSによっては楽天で商品が1点売れた場合、アマゾンや自社サイトで売っている同じ商品の在庫も減らしてくれる機能もあります。いきなり自社サイトで大量に売れちゃって、楽天やアマゾンで売れる在庫がない!!という場合にも間違えて注文を受けてしまったということはなくなります。 


②作業のミスが減る

 1つ1つの店舗で作業をしなくて済むので、作業ミスが減ります。OMSを導入することで、手動で入力するという作業が減り、ミスが減りやすいです。

(例)①伝票の作成 今まで手打ちだったものがシステムの利用で自動で伝票が発行されるように。

 ②在庫の発注 今まで複数モールを別々に管理していて、在庫があるのに発注してしまうことがあったが、OMSでは一括で管理するため、最適なタイミングで在庫の発注ができるように


③作業の効率化、人件費削減が期待できる

 ①、②から作業の効率化が図られるのはすごくわかりやすいかと思いますが、作業の効率化が図られると必要な人手も少なくなるので、在庫管理や受発注担当の人数が少なく済みます。そのため、人件費削減が期待できます。



OMS導入のデメリット

 先ほどはOMSのメリットについて話しましたが、デメリットもあります。ここでは3つを取り上げます。このデメリットを把握したうえで、メリットの大きさを感じ、OMSを導入しているEC事業者様も多いです。

①システム料・初期導入費用が掛かる

 商品にもよりますが、別途システム利用料が必要です。システムによっては書恋導入費用がかかる場合があります。


②スタッフへの教育が必要

 新しいシステムを使う場合は、使いこなせるようにスタッフへの教育が必要になってきます。また、うまく連携ができていなかったなどという場合には、トラブルを解決できる必要もあります。


③社内の業務フローの見直しを行う

 新しいシステムを導入する際には社内の業務フローの見直しを行う必要があります。社内でどのように出荷まで行うか、新しいマニュアル作りも必要になってきます。

参考:ロジスティクス業務とは?詳細を解説


OMSとWMSの違い

 OMSという言葉も聞くけど、WMS(ダブルエムエス)という言葉も聞く、、、そんなことはありませんでした?WMSとはWarehouse Management System といい、倉庫を管理するシステムになります。倉庫内でどこに商品があるのか登録したり、商品の出荷の指示を行ったりします。ヤマト運輸や佐川急便の伝票システムと連携していることも多いです。

 出荷までの流れを行うためにOMSとWMSを連携させて使うことも多いです。

WMSを詳しく知りたい方はこちら https://transcosmos-ecx.jp/blog/fulfillment/speedlogi/13 




OMSの選定基準

 OMSの選定基準として下記の2点の確認は必須です。そのうえでトラブル対応など必須な場合は丁寧なサポートがあるかどうかなど自社で求める基準も併せて、OMSを選びましょう。


①現在利用しているシステムとの連携が可能かどうか

 現在利用しているシステムとOMSの連携が可能かどうか確認は必須です。また、連携の仕方としてCSVで手動で入力する必要もあれば、API接続ですべて自動で連携される場合もあるため、そこはよく確認しましょう。


②実際に利用するスタッフが使いこなせるかどうか

 スタッフがOMSを使いこなせないことにはOMSを使うことで作業効率化を図れません。デモサイトやお試し期間を行っているシステムもあるので、OMSを使いこなせるかどうか本格的に導入する前に試してみましょう。



まとめ

OMSのまとめです!

 OMSは複数の店舗の注文情報や顧客情報、在庫状況を一括で管理をできる!

 OMSは使いこなすことができればメリットがかなり大きい!

 しかし、費用の面や実際にスタッフが使いこなせるかどうかのデメリットはあります。

 選定の際は利用しているシステムと連携が可能かどうか確認が必須!

いろいろなサービスが出ているので、操作性などを見て、決めましょう。



トランスコスモスのOMSとは


トランスコスモス内製開発 「eCommerce HUB for OMS」との連携

Shopifyのストアフロントからの受注情報を出荷情報と正確にロジスティクスに連携するためにECの基幹業務システムとして機能。
shopifyとモールを平行運用し、在庫を適切に配分しなら、注文情報も統合してロジスティクスに連携するために必要不可欠なシステムです。


「eCommerce HUB for OMS」の強み

  • 2013年8月よりOMSを内製開発。開発当初より、大規模EC事業のトランザクションに耐えることできる強固且つセキュアなインフラ基盤上にシステムを構築。

  • ECワンストップサービスを支える業務システムとして、長年現場業務のノウハウをシステムにフィードバックし進化させてきたシステム。

  • 内製システムであるが故に、顧客の様々なビジネスニーズに対応させることで、EC事業を安定的に支えることが出来てきた。
    ​​​​​​​
  • 担当するシステムエンジニアがオペレーションチームに伴走しながらシステム保守を行うことで、イレギュラーな事象にも迅速に対応することでECアウトソーシングサービスの品質の安定性を担保できる。



詳細はこちら(オーダーマネージメントシステム(OMS)とは?)


プロモーション×Shopify×OMS×b→dash連携


EC購買データをシステム間でシームレスに連携、集約、分析することで、さまざまなマーケティングソリューションを実行します。

Shopify上のユーザー行動データはもちろん、その他のデータがすべてシームレスかつクイックに繋がることで「データ連携や加工、統合」を都度する必要なくスピード感をもった分析や売上拡大施策を実行することができるようになります。

さらにデータの活用やEC運営ノウハウも織り込んだ当社独自のShopifyテーマと
組み合わせることで施策のPDCAを高速化します。


​​​​​​​


Shopify専用物流倉庫サービス


Shopify(ショッピファイ)向けフルフィルメントサービス「Shopify専用物流倉庫」サービスについては下記を参照ください。

  Shopify専用物流倉庫/フルフィルメントサービス|ECX Shopifyを利用しているEC事業者様の商品発送・配送を代行いたします。Shopifyと倉庫システムを自動連携、商品1点から出荷するフルフィルメントサービスにより、貴社の負担を軽減。初期費用、システム利用料は一切不要です。コスメやアパレル、健康食品など多くの事業者様にご利用いただいています。 「Plus Partner of the Year 2022」受賞致しました。 EC-X|トランスコスモス



Shopify専用物流倉庫サービス事務局
Shopify専用物流倉庫サービス事務局
トランスコスモスが運営するShopify専用物流倉庫サービスの運用を行っているチームです。 化粧品製造業許可を取得している現場での丁寧な運用やISO27001を取得した個人情報の管理をしっかりと 行っている倉庫でサービスを展開しています。 また、本サービスの利用で作業・運用工数の約86%を削減し、多くのお客様に喜ばれています(*月間出荷数2,000件の場合、当社調べ) 運用メンバーにはBtoBを主な生業とする問屋流通経験者や誰にどのシリアル機器を出荷したのか把握する 個品管理物流の立ち上げ・運営を担ってきたメンバーやコンサルタントとして立ち上げ3か月で黒字化へ 導いた経験があるものもおり、EC通販全般に対する経験・知識を有しています。 倉庫・物流に対する知識だけではなく、広い見識から貴社のECサービス運用をサポートします。

フルフィルメント/ロジスティクス
サービス一覧

ロジスティクス/フルフィルメントも含めた
ECワンストップサービス【動画】


フルフィルメント/ロジスティクスの実績・事例

トランスコスモス自社の物流倉庫
(ロジスティクス倉庫)
場所・住所・アクセス方法

・所在地:千葉県柏市松ヶ崎新田字水神前13-1 ロジポート北柏
・アクセス:電車 JR常磐線「北柏駅」徒歩6分


トランスコスモスのEC全領域を網羅するサービス


フルフィルメント/ロジスティクス部門で働く
従業員(メンバー)インタビュー


フルフィルメント/ロジスティクスサービス
資料ダウンロード【無料】

フルフィルメント/ロジスティクス
問い合わせフォーム

関連記事


【無料】セミナー動画視聴


EC関連サービス



採用情報(求人)


数字で見るトランスコスモスの強み

お気軽にお問い合わせください

フルフィルメント/ロジスティクス

 記事カテゴリー

ロジスティクスサービス

【週間ランキング】Shopify人気記事

ロジスティクス関連 新着記事

【初心者必見!】Shopifyマニュアル

 Tag(タグ)一覧

正社員募集(求人)

 【無料】資料ダウンロード

Shopify認定パートナー企業

shopify plus partner
トランスコスモスは最上位の「Shopify Plus partner(ショッピファイプラスパートナー)」です。
Shopifyでのサイト制作ならお任せください!
ECソリューションをお届けするサービスサイト

トランスコスモス株式会社
CX事業統括
ECX本部

〒150-0011
東京都渋谷区東1-2-20
渋谷ファーストタワー
050-1751-7700(代表)

経済産業省が定める「DX認定事業者」
トランスコスモスは経済産業省が定める「DX認定事業者」
トランスプラス
トランスコスモスの全社的な情報を発信するオウンドメディア
cotra
コンタクト/コールセンターに携わる方への情報サイト
shopify構築・制作・運用